Meet the Team: Fergus Cussell キャニオンズのチームを紹介します


キャニオンズは単なる会社ではなく、コミュニティのひとつでもあり、そこで働く人々は単なる従業員ではなく、家族でもあります。

そんな、わたしたちキャニオンズのひとりひとりのストーリーをぜひ皆さんと共有したいと思います


ファーガスは私たちが昨年新たにオープンしたキャニオンズ紀宝ベースを任されているキャニオニングガイドです。

彼はスコットランドとイギリス出身で初めて日本に来たのは有名な"Japow"日本の雪を求めてのことでした。はじめはキャニオンズスノーボードのインストラクターとして働くことになりました。

それが9年も前のことで、そこから彼は一度もい本を離れることはなく、日本はもう彼にとって第二の故郷のようなものです。

Canyoning KihoCanyoning Kiho


あなたの毎日はどんな感じですか?

ツアーがある日は朝からツアーの準備をして、ベースでお客さまを迎えます。そこからその日のツアーの流れや安全の説明をし、ウェットスーツやそのほかのギアを装備してキャニオニングに向かいます。

スライダーやジャンプ、ジップラインなどを朝の渓谷で楽しんでランチタイムに戻ってきます。

お客さまにはそのツアーで撮った写真やビデオをその場ですぐに渡せるように段取りしています。そしてまた午後のお客さまを迎えて出発です。

その日の終わりにはお客さまと一緒に話したりして、自分もとてもリフレッシュしています。川沿いのとってもいいところにベースがあるから一日の終わりをとてもリラックスして過ごすことができます。

キャニオンズで働く中でもっとも好きだと思うところはどんなところですか?

キャニオンズで働く中でもっともいいと思うのは、それぞれが素敵なマインドを持ったスタッフたちと毎日外で活動できることです。環境に配慮した設備や毎日ツアーが良くなるように常に考えていることも好きです。

Canyoning Kiho日本の自然を巡って、お気に入りはありますか?

しばらくみなかみに住んでいたので、谷川岳の稜線はとってもきれいで、温泉もたくさんあるし好きです。それから、北海道はどんな季節も最高です。

紀伊半島もとても良いトレイルがあるし、山も滝もまだまだ探索したいところがたくさんあります。熊野古道や世界遺産に認定された地域がすぐ近くにあるのは素晴らしいことです。

紀宝で暮らしてみてどうですか?

最高です!本物のスローライフがここにはあります。

ローカルのコミュニティは新しいものにもとても歓迎してくれていつもたくさん話をしています。太平洋岸の海の生活と山の生活が交じり合って素晴らしいところです。

たった1日でもサーフィンもできるしキャニオニングもパックラフティングも温泉に入ることだってできます!

Canyoning Kihoお気に入りのキャニオニングコースはどこですか?

キリキャニオンですね!半日でも十分に満喫できる最高のコースです。お客さまの希望に合わせてコースレベルを設定することもできます。

ほかにもたくさんきれいな水で楽しいスライダーもしましたし、もちろんフォックスキャニオンも大好きです。

紀宝でのキャニオニングを勧めたい理由はなんですか?

ここにはまだ日本のみんなも見たことがないような素晴らしい景色を見ることができます。まだまだたくさんのコースがあるし、海岸沿いも素敵だしこの地のおいしいものもたくさんあります。那智の滝なども車ですぐのところにあってキャンプも楽しめるところもあります。

熊野古道はキャニオニングコースからもとても近くて紀伊半島のアドベンチャーの出発もしくは終着点として最高ですよ!

タグ

    キャニオンズをフォロー

    イベント、ニュース、ディスカウントなどオトクな情報をお届けします

    Canyons ブログ

    28
    7月
    Meet The Team: Sam Harris

    キャニオンズは単なる会社ではなく、コミュニティのひとつでもあり、そこで働く人々は単なる従業員ではなく、家族でもあります。 そんな、わたしたちキャニオンズのひとりひとりのストーリーをぜひ皆さんと共有したいと思います!

    21
    7月
    Meet The Team: Reiya Matsuba

    キャニオンズは単なる会社ではなく、コミュニティのひとつでもあり、そこで働く人々は単なる従業員ではなく、家族でもあります。 そんな、わたしたちキャニオンズのひとりひとりのストーリーをぜひ皆さんと共有したいと思います!