サステナビリティ

持続可能性に関する方針

キャニオンズでは野外アドベンチャー体験を通じてリフレッシュを提供しています。永続的に楽しんでいただけるよう、環境や社会への配慮も欠かせないと考え、日々活動しております。


株式会社キャニオンズ

持続可能性に関する方針

キャニオンズは事業を通じて、地球環境、地域社会、文化、関わる人々の健康と生活の面において、持続可能な発展のために尽力してまいります。

持続可能な発展のために次の規範に従います。

1 持続可能性の管理と法令遵守

・明確な目標、行動、措置、責任、時間計画を備えた持続可能な行動計画を立てます。

・持続可能な計画について数値化・文書化し、評価、改善し、遂行に努めます。

・持続可能性に関するガイドラインを整備します。

・全てのスタッフに持続可能な取組みについて明示し、実行を促します。

・国や地域の法令を遵守します。

2 地球環境と生物多様性の保全

・使い捨ておよび消費財の使用を積極的に削減します。

・持続可能な商品・サービスの購入を支持します。

・ペットボトルの使用量を減らすための措置を講じます。"

・使用する紙について、リサイクル製品、FSC認証など持続可能性に配慮して作られたものを優先して購入します。

・コピー機や印刷機をデフォルトで両面印刷または他の形式の節約モードに設定します。

・可能な限り、環境負荷の少ないエネルギーの購入を優先します。

・照明や機器を不使用時にはスイッチオフする等、省エネルギーに努めます。

・電力消費量を把握し、管理し、無駄のない最適な運用に努めます。

・新しいアイテムを購入するときは、コストと品質の考慮を含め、低エネルギーの機器を優先します"

・廃棄物、廃水処理の国内法を遵守し効果的に処理されています。

・有害物質の使用を最小限に抑えて代替し、化学物質の保管、取り扱い、廃棄を適切に管理します。

・固形廃棄物の削減とリサイクルの方針を策定し、実施します。

・リサイクル可能なすべての材料を分別し、収集と適切な廃棄を整理します。

・印刷用インクやトナーカートリッジは、再生利用、詰め替え製品を優先して購入します。

・CITES(ワシントン条約)、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに掲載されている絶滅のおそれのある野生動植物の種や、歴史的考古学的遺物などを土産物として販売も宣伝もしません。

・野生生物や自然生態系への影響を常に考慮し、環境負荷を最小限に抑えるよう努めます。

3 お客様とのコミュニケーション

・お客様の個人情報を保護します。

・安全に関する情報を提供し、リスク回避・予防に務めます。

・持続可能性ついての情報を提供し、

・お客様アンケートの実施や、お客様からの苦情に対する適切な対応により、お客様の満足度向上やサービスの改善につなげてまいります。

4 地域とのコミュニケーション

・持続可能な取り組みについて実行すると共に、地域社会にも伝えて行きます。

・地域の食材やサービスを積極的に活用します。

5 安心して働ける職場環境

・法令遵守の上、いかなる強制労働や児童労働にも関わりません。

・賃金や雇用内容について明示し、労働の安全衛生環境の構築に努めます。変動有